腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア バナー画像

当院では、椎間板ヘルニアと診断された方に対しても施術をしてきました。


ぎっくり腰や慢性腰痛に悩まされている方の中には、
椎間板ヘルニアと診断された方も多数おられます。


椎間板ヘルニアにも手術以外の治療方法があります。

・病院や診療所で、ヘルニアと診断され、どうしていいかわからない

・痛み止めや、注射で、改善されなければ、手術しかないといわれたけど、手術はしたくない

・できるだけ手術はさけて他の治療方法があるなら、少しでもよくなるなら頑張りたい

・あまりの激痛から楽になりたくて、考える暇もなく手術を選択したけど、痛みが残っている

このような患者さんが当院をご利用されています。

椎間板ヘルニアと診断されても、手術以外にも治療方法はありますので、
ひとつの選択肢としてじっくりお読みください。

 

椎間板ヘルニアに対してしっかり理解しましょう

椎間板ヘルニアとは背骨と背骨の間にあるクッションが、
外に飛びだしてくることをいいます。

椎間板は、繊維輪と髄核と呼ばれる組織からなります。

シュークリームに例えますと、
髄核が中身のクリーム。繊維輪が外側の生地になります。

ヘルニアには二種類あり、
生地を破ってクリームが飛び出す場合の脱出型。

クリームが生地は破らずに、押し出すだけで、
生地ごとふくらんでとびでるものを膨隆型といいます。

このとびでたものが神経組織を圧迫して、その神経の分布領域に、
いわゆる坐骨神経痛やしびれ、違和感、感覚障害などの症状がでる場合があります。


よくでるのが、首や腰ですが、特に腰にヘルニアがでる場合が多いです。


ヘルニアがあり炎症がありますと、激痛があったり、疲れやすくなったりと、
腰痛に関連する場合があります。

特に坐骨神経痛と呼ばれる症状が出ている方は多いです。
坐骨神経痛の原因をヘルニアだけに求めるとなかなか改善しにくいです。

※坐骨神経痛についてのページ


ヘルニアに対して、手術しかないと医師からいわれ選択される方も多いですし、
手術をしたとしても、その痛みやしびれがよくなった方や、変わらなかった方もおられます。

ということは

ヘルニアがあったとしても、他にも原因があり、ほとんどが別の要素だという事です。

 

ヘルニアにはまず足腰の筋骨格の治療そして一番大切なのは…


足腰の筋肉の異常な硬さや、疲れによって、姿勢や骨盤が歪んできます。
まずその疲れている筋肉の機能を高めていきましょう。

手術というリスクある治療方法を選択する前に、
整体や鍼灸治療で、改善を目指します。

さまざまな治療院で施術をうけられて、
椎間板ヘルニアを持つぎっくり腰
(急性腰痛)

椎間板ヘルニアを持つ慢性腰痛

と説明されたかと思います。

急性腰痛と慢性腰痛を分けて考えると、なかなか改善しにくいです。

急性腰痛と慢性腰痛は同時におこります。

最後に腰痛の改善に必要不可欠な感情や気持ちなどの
精神的ストレスの負担を調整することが大切です。

急性・慢性腰痛のページも合わせてご覧ください。

椎間板ヘルニアでも、あきらめる必要はありません、
一緒に改善を目指しましょう。

お気軽にご予約ください。

関連ページもご覧ください
=================
・腰痛
・ぎっくり腰
・坐骨神経痛
・股関節痛
・膝の痛み
・すねの痛み
・足首の痛み

☆当院の施術の詳細について☆
=================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ