首こり

DSC_0364

当院では、首のこりや痛みで
お悩みの患者さんを施術してきました。

肩がこっているのか、首がこっているのか
もうどっちが凝っているのかわからなくて、
とにかくつらいし、時には頭痛や耳鳴りや
眩暈までしてくるという患者さんは多いです。

僕も仕事柄、治療中や、パソコンでなど
デスクワークをしている時は長時間下を向いて
同じ姿勢になることが多いので、
首がこってくるつらさはわかります。

 

首への負担は下の向き続けでも、増えていきます

毎日の電車通勤の方なんかは、スマホや携帯を
チェックして下を向いたままが多いですよね。


自分自身で、下を向いている自覚がなくても、
猫背などの悪い姿勢やそれに近い姿勢の場合、
首の後ろの筋肉が硬 くなったりつっぱったり
こってくるという状態になります。


よく首こりがひどくなって頭痛がでてくる時は、

首の後ろの大きな筋肉である頭半棘筋を貫く
【大後頭神経】が圧迫されて頭痛が起きたり

・上頭斜筋
・下頭斜筋
・大後頭直筋

という3つの小さな首の筋肉に囲まれた
『後頭下三角』の中を頭へ血液をとおす
【椎骨動脈】という大切な血管の血流を
阻害して頭痛が起きたりします。

首こりは首だけ揉んでも不十分です

猫背のように不良姿勢の場合、
背中、腰、足、座り方、立ち方、歩き方という
全身のバランスを整えていかないと、
根本的な改善にはつながりにません。


自律神経失調症のページでもかきましたが 、

あなたの回復力を取り戻す、自律神経は、
首やお尻からでていますので、首のこりを
改善し良い状態に保っておく必要があります。


様々な症状に対して、免疫力をあげて
治りやすい体を作る重要な自律神経を調整するために
全身及び首こりを改善するのが大切です。


気になる方は、一度ご連絡ください。

 

関連ページもご覧ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ