背中・肩甲骨の痛み・こり

DSC_0420

当院では、背中の痛みやコリに
お悩みの方が来院されます。
肩こり、首こりと同じぐらい多いです。

「背中の痛みは内蔵からです」という
テレビ等のメディアの情報も多く
不安な日々を過ごされているのではないでしょうか。


そんな不安を解消してもらうために、まずは一番気になる
内蔵に関連した痛みではないかを疑い、どう判断すればいいか
病院にいかないといけない場合の目安についてお伝えします。

その次に背中の痛みやコリに対して当院ができる事について
書いていきますのじっくりお読みください。

 

内臓が原因の背中の痛みの判断基準は?

ぶつけた、捻った、急に動いた等の具体的な原因がない場合に、
背中や肩甲骨周辺にじっとしていても痛みを感じる場合は、
まずは病院や診療所にいきましょう。


すい臓、肝臓、心臓などの不調からくる関連痛、放散痛の恐れがあります。

病院や内科での診断にて、異常がない場合は、
筋肉の疲れや不良姿勢、ストレスが原因の多くをしめる
背中のこりや、痛みの場合が多いので、
当院の施術がお力になれます。

 

動かして背中が痛い時は…

例えば

・肩をあげる
・上を向いたりしての首を動かす
・腰を左右に捻ったりして背中をねじる


などの動作をした時だけ、痛みや違和感、つっぱり感が出る場合は、
筋肉の疲れやこり、姿勢の悪さ
が原因による骨の歪みで疲れがでた延長線上の
痛みになっている可能性が高いです。

デスクワークなどの、じっと同じ姿勢でいる時にも
背中のこりや、痛みがでてくる場合も多いです。


あなたの疲れている筋肉や緊張のせいで歪んだ骨格が生まれ、
姿勢が悪くなります。
さらに間違った座り方、立ち方、歩き方によって負担が増え、
悪循環になり、背中のこりや、痛みになります。

背中の痛みは猫背だけでが原因ではありません。

背中の痛みやこりは猫背のように丸みをおびている姿勢や、
腰がそりすぎてなどの不良姿勢が原因だとよくきくと思います。

背中の痛みは、実は足から…

実は、背中痛みに深く関わる猫背や不良姿勢の
根本的な原因は足にあります。

体の土台である足が疲れて歪むと
上半身を必然的に歪んできます。

足の筋肉や、骨格を調整し、
正しく歩けるように施術いたします。

その結果、腰や背中の姿勢がよくなり
背中と連動している首のこりもよくなっていきます。

 

姿勢や歩き方の調整で自律神経が整いあなたの治る力が戻ります。

さらに当院では、施術する大きな目的として
お尻や、首からでる自律神経を整えて、
あなたの回復力を取り戻してもらいます。


つまり、免疫力を高めて、あなたご自身で治っていけるように
治療とご自宅でのセルフケアを伝えてサポートいたします。

結局は、

病院で、内蔵の疾患と診断された方でも、
当院は保険診療ではありませんので、
病院での診察と治療と併用して、

あなたの回復力を高めて、少しでも
病気と戦う力もつけてもらえるような
施術を提供していることになります。


西洋医学、東洋医学どちらがよいということではなく、
お互いの必要な部分をあわせて、あなたのお悩みと向き合います。


あなたの治る力、ご自身を信じて
あきらめずに改善を目指しましょう。

毎日を楽しめるように
お気持ち面でのサポートや
充実も大切だと考えているので
お気軽にご予約ください。

 

関連ページもご覧ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ