産後骨盤矯正/産後整体

産後 バナー

あらためまして、
本当にご出産おめでとうございます。

当院は院長である僕の過去13年間、のべ7万人の方の施術経験を元に、
様々な症状にお悩みの方と向き合ってきました。


鍼灸師・柔道整復師という国家資格を持ち
赤ちゃんの夜泣きへの小児ばりから寝たきりのご高齢の方のリハビリなど
老若男女の方と関わってきました。

そして僕は妻との間になかなか子宝に恵まれなかった中、
待望の赤ちゃんを授かったので嬉しさはとてもよくわかります。

そのようなきっかけで
特にここ数年では妊婦さんや産後のママさん達の
体と心のサポートに力を入れています。

 

大切な赤ちゃんだからこそ強い不安…

すずらん

嬉しい反面、大切な赤ちゃんだからこそ、
人一倍神経を使いながらの初めての
子育ての方は特に不安や疲れもたまりやすく、
楽しくもありしんどいのもよくわかります。

まして2人目、3人目の子育てママさんなんて、
毎日めまぐるしすぎて、
ご自身の体と心のケアがおいついて
いないのではないでしょうか。

家事に育児、お仕事もされている方は
疲労もたまりやすくて、産後といわれる期間を
過ぎてしまってるかもしれません。

ですが遅すぎるという事はありません。

さらに笑顔で大切な赤ちゃんと向き合えるように、
産後の骨盤矯正(産後整体)は
重要なので他とは違う当院の産後骨盤矯正について
書いていきますので、じっくりお読み下さい。

 

こんな産後のお悩みはありませんか?

ご来院される産後の方の一例です。

・慣れない沐浴で、赤ちゃんの耳を
親指で抑え続けて、親指の腱鞘炎がつらい

・片手抱っこで、落ちないように
手首を曲げて力をずっといれて、手首が痛い。

・不安定な足首、膝、股関節で赤ちゃんを
抱き上げようと踏ん張った時に痛い。

・授乳での下を向き続ける姿勢で、首、肩、背中が
ゴリゴリこってきて、痛くなってきてつらい。

・寝かしつけるために、抱いてゆらゆら、トントン立ちっぱなしで、
リズムよく揺らしていたら、腰が重いし痛い。

・添い乳してたら、朝起きた時に
背中や首、肩腕がだるい重い。

・朝起きたら関節のこわばりがあってつらい

・産前にはけていた、ズボンがはけない

・ちょっとした事でイライラ

このような方が来院くださっています。

 

産後骨盤矯正が大切な理由

お腹の中の赤ちゃん

出産に向けて、赤ちゃんが回転しながら通る道
“産道”を確保するために骨盤が開いていきます。

それを可能にするのが、脳からの指令で卵巣から
分泌される“リラキシン”というホルモンです。
このホルモンが骨盤を閉めている靱帯を緩めて
骨盤をひらく働きを助けます。

靱帯が緩んでいる産後の骨盤を
支えているのは筋肉です。

このような理由からいつも以上に筋肉に負担が
かかり凝り固まって体が疲労しやすくなります。

疲労で固くなった筋肉は“骨“つまり骨盤を引っ張り、
必要以上に骨盤を歪ませます。

ほったらかしにすると歪みすぎた状態で
骨盤が固まり産後太りや、体型の変化や足のむくみや
肩こりなど様々な不調につながります。

骨盤が左右完璧にバランスがとれた方はほとんどいませんし、
またその必要性はなく、不調がでない範囲で維持して
うまく機能させる事の方が大切です。

 

産後は体質改善・体型戻し・引き締めのチャンス?!

kusuguru_baby

産後のリラキシンの多量の分泌は約8~10ヶ月と
いわれていますが実は産後でなくともリラキシンは 分泌される時期はあります。

月経(生理)の際に骨盤を開かせて出血を
スムーズにするために、産後でなくとも
元々“リラキシン”は女性なら分泌されています。

なので、生理痛やその他の生理前後のお悩みがある方も、
リセットされた骨盤である産後が体質改善のチャンスです。

産後骨盤矯正をきっかけにあなたが根本的にに健康に
戻ってもらえるようにサポートいたします。

 

他との産後の骨盤矯正との違いは…

心と体からの両方からの調整が必要です。

心では…

リラキシンホルモンの分泌に関与する脳や心への影響も深い
自律神経を上手に働かせるために調整し内側からも体質改善を目指します


体へは…

骨盤を矯正しようとして骨盤だけを押していって
締めたりしてもすぐもとにもどります。

足の筋肉の緊張や骨格の歪みを調整せずに
骨盤矯正しようとしても不十分です。

骨盤だけをみるのではなく体全身のバランスを調整することが必要です。

土台である足元から整え骨盤を調整します。

・精神的なストレスや心や気持ちに対してだけの癒やし・カウンセリングではなく

・体や骨盤の歪みだけに対しての産後整体や骨盤矯正の施術でもなく

こころとからだの疲れをとり、バランスを取る事が大切です。

どちらか一方だけでは不十分です。

相互に関わりあっているので、
心身のバランスをとっていきましょう。

大切な赤ちゃんをヨシヨシしてかわいがるのと同じくらいに
あなた自身の身体や気持ちにもより意識していたわってあげてくださいね。

 

妊婦さんや産後のお悩みの患者さんから頂いた体験談

当院で妊娠中の疲れや産後の骨盤矯正、肩こりが
お悩みの患者さんから頂いた体験談です。

ご参考までに。

娠初期に河野先生の施術をうけましたが、精神を安定させるツボをおして頂き、
とてもリラックス出来ました。妊婦でも家でも簡単に行えるストレッチ法なども
教えて頂き、助かりました。妊娠中でも安心してお任せできます。
また是非よろしくお願いいたします。

肩こり解消と産後の骨盤矯正のため通院中です。
今まで何件も整体通院しましたが、効果が実感できず。
でも、やっと効果を実感できました。マッサージが1週間空くと頭痛がしていたのが、
先生の施術後は10日経っても頭痛がない。肩こりも詰まる感じがない。
長年の悪い歩き方も指摘していただき、自分では気がつかない
身体の疲労や癖を正してもらえる。
本当に通院して良かったです。

 

よくあるご質問

Q1 いつから産後骨盤矯正を受けていいですか?

答え:

1ヶ月検診を受けて医師から異常なしと
いわれてからなら骨盤矯正をうけていただけます。
    
ただ産後1ヶ月たたなくても、かなりおつらいでしょうから
肩こりなどの上半身の施術はおこなえますので、お気軽にご相談ください。

Q2 産後骨盤矯正をうけるとやせますか?

答え:

産後骨盤矯正をうけて、すぐ体重が落ちたりはしませんが、
骨盤の締りやO脚、足の疲れ・むくみがよくなり
代謝が良くなり、結果的に痩せやすくなったという事はあります。

Q3 産前のズボンが履けなくなったのですが、みてもらえますか?

答え:

もちろんです。
比較的多い症状で、骨盤を緩めるリラキシンホルモンが
でているうちに、調整した方が改善しやすいです。

エクササイズも大切になってきますので、
わかりやすく指導いたします。

Q4 産後骨盤矯正は骨盤しか治療してくれないんですか?

答え:

例えば肩こりの治療もおこなえます。
当院の産後骨盤矯正は、
他とは違い骨盤だけみるものではありません。
  
骨盤だけ矯正してもよくなりにくいです。

体は全体でひとつです。

お悩みの改善に向けて全身を施術させていただます。
産後骨盤矯正というより産後整体といったイメージかと思います。

Q5 子連れで治療にいってもいいですか?

授乳・オムツ替えルーム

答え:

はい。もちろん、かまいません。
    
当院ではキッズスペースだけでなく授乳室や
オムツ替えルームも完備していますので
赤ちゃんも一緒におこしいただけます。

Q6 産後1年以上たって産後かどうかわからないのですが…

答え:

産後1年以上でも施術可能です。
遅すぎるという事はありませんので、ご安心ください。

産後の状況をお聞きして、
あなたに合わせた施術をさせていただきます。

 

☆産後うつ・マタニティーブルーが気になる方はこちら

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

  1LINE予約バナーPNG  
このページの先頭へ