よくいただくご質問

お探しのご質問をクリックしてください

当日予約はいけますか?

可能ですが、当日は予約が埋まってしまっている事が多く、ご希望の時間での予約をおとりしていただく事が難しい場合がございますので、なるべく前日までにご予約下さい。ご予定がお分かりの場合は、1.2週間ほど前におとりいただいた方が、ご希望のお時間が取りやすいです。受付時間が9:00~18:00になっていますので、受付時間内にお電話下さい。メールでのご予約は24時間受付しています。

▲先頭へ戻る

受付時間内なのに電話がつながらないのですが…

施術中のため電話にでる事が出来ない場合がございます。施術中に迷惑にならないようにと、気を使ってくださり、お昼休みにお電話をしてくれる方も多いのですが、お昼の休憩時間を利用して往診に出ている場合がございます。ご迷惑をおかけしておりますが、その際は再度ご連絡頂くか、留守電にお名前とご連絡先を入れて頂けると、折り返し連絡させて頂きます。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

▲先頭へ戻る

どんなペースで通えばいいですか?

患者さまの状態にもよりますが、はじめはお悩みの症状を改善するために週に2.3回からはじまり週に1回の施術を続けていただき、状態がよくなるにつれて、10日から2週間に1回になり、その後、安定させるためと予防メンテナンスのための施術が一ヶ月から二ヶ月に一回のペースで通院してもらうのが理想です。個人差がありますので、あくまで、今まで診みてきた患者さまの1番早く良くなりやすかった平均的な通院ペースです。来院された状態を診てからなら、よりあなたの体に合わせた通院ペースをお伝えできると思います。その上で、患者さまのお仕事の状況や、ご都合がおありだと思いますので、考慮して細かくお答えできますので、ご安心ください。

▲先頭へ戻る

鍼灸と整体どちらの治療法がいいですか

あなたのお悩みの症状によって、効果的な方をお伝え致いたします。例えば、姿勢やゆがみ筋肉骨格の問題が多い場合は整体の方が合っています。ストレスや内蔵の不調でお悩みの方は、鍼灸治療の方が効果的です。整体には整体の良いところがあり、鍼灸には鍼灸の良いところがあります。両方とも自然治癒力を上げれるものなので、本質的には目的は同じですが両方を組み合わせると相乗効果が生まれますので、より楽になっていただけます。必ず両方しないというわけではありませんので、話し合いで決めていきましょう。

▲先頭へ戻る

交通事故でムチウチになったのですが、診てもらえますか?

もちろん治療は可能です。その上、交通事故でのお怪我の場合は、自賠責保険が使用できますので、原則、患者さまのご負担はありません。当院は、交通事故を自賠責保険で取り扱える厚生労働省から認められた『鍼灸師』と『柔道整復師』という二つの国家資格をもつ整体治療院という医療機関ですので、ご安心ください。

▲先頭へ戻る

内臓の不調は改善できますか?

整体での骨格や姿勢調整や鍼灸治療で、自然治癒力をあげることによって、体質が改善して内臓の機能低下や機能亢進改善の効果も期待できます。しかし、どこの症状にしてもそうですが食生活の見直しや運動不足の解消といった生活習慣の見直しは必要です。

▲先頭へ戻る

手足のしびれは治りますか

手足のしびれは一般的には、背骨の間が狭くなる事によって、そこで神経が圧迫されて起こるとされていますが、確かな原因は不明です。ヘルニアなどの手術をしても痛みは消えたけど、しびれは残っているという方がおられる事からもわかります。しびれの原因はひとつではありません。脳からの原因や背骨やヘルニアの圧迫、筋肉の緊張による障害、不良姿勢での障害などがそれぞれ何%ずつあるかによって、症状の改善度合いは変わってきます。ですので、『しびれは治ります』とは、言えません。ですが、個人差はありますが楽になっていただいています。例えば、肩こりや猫背で神経に障害がでて手の指がしびれている方が週二回のペースで二ヶ月通われて完全にしびれがとれた方や腰、右のおしりからふくらはぎや足裏までの痺れている方で、週1回のペースで1年施術していて、腰、おしりの痺れはとれたけど、ふくらはぎの痺れは残っている方などさまざまです。原因の割合を探りながらつきとめていきます。当院では、筋肉の疲れや不良姿勢での割合が多い方は、効果が高いです。脳からの影響をまず考え、専門機関でお調べになりながら、少しでも良くなりやすいように選択肢のひとつに入れていただくと良い思います。昔から常時しびれているという方よりは、ここ数ヶ月である姿勢や動作になると痺れるという方の方が改善しやすいです。

▲先頭へ戻る

外反母趾は治りますか

外反母趾は『足の親指が小指の方に曲がって変形している状態』の事を言います。ですので、その変形が治るか?という質問には、『外反母趾の程度による。』という答えになります。親指の内側に仮骨と呼ばれる、でっぱりができて、親指が小指の方に曲がって見える場合は、手術などで、骨を削ったりしない限りは改善しにくいです。けれど、外反母趾による痛みや、それに伴う足の症状に対しては、楽になっていただけます。親指が人差し指の上にのりあげたり、下に潜り込んだりしている、ひどい変形でも、仮骨でなければ良くなっていただけます。つまり外反母趾に伴うどんな症状に悩んでいるかによって、答えが変わります。そして、足の状態によって外反母趾は五種類に分類できますので、診させていただいてからなら詳しくお答えできます。外反母趾に根本的に対応できている治療院は少ないですが、諦めないでください。まず外反母趾に伴う足の痛みを改善するように当院の『外反母趾整体』を受けていただいて、もし手術を勧められているのであれば、ゆっくり落ち着いて考えてみることをおすすめ致します。

▲先頭へ戻る

よく歩いて運動してるつもりなのですが、体や足が痛くなったりだるくなるのはなぜですが

歩いたり運動する事はとても良いことです。意外にも運動すれば良くなると思われている方は多いのですが、立ち仕事でとても疲れているところに、さらに追い打ちをかけるように歩き過ぎたりするとしんどくなります。運動不足の方は歩いたりスポーツしたりすると体調も良くなっていきます。それでも足が痛くなったりするのは、『正しい歩き方』をしていない事が原因になる場合があります。体に負担のかかる歩き方をしていると、バランスがくずれさまざまな不調につながりますので、正しく歩く事は大切です。当院では、歩き方がよくなるように施術させていただきます。

▲先頭へ戻る

特に痛い所や症状がない場合でも施術を受けられますか?

もちろん受けていただけます。当院には症状がなくても予防やメンテナンスの為に通院されている方や「スポーツや日常をもっと楽に快適に過ごすために」『会社やお店の経営者で考え事が多すぎるので、スッキリ頭を働かせるため』といったように、より生活を快適にするために通われている方もたくさんおられます。何でもお気軽にご相談下さい。

▲先頭へ戻る

このページの先頭へ