施術の流れ

STEP1 問診票の記入
まず、問診票に現在の体の状態やお悩みをわかる範囲でご記入していただきます。あなたの体のどこがつらいのか、これからどうしたいかなど、原因をつきとめて治療計画をたてるのにとても大切なカウンセリングシートです。

『こんなちょっとした事でも書いていいんですか?』と、よく言われますが、何でも文字にしてみてください。伝えにくい内容はお話でおうかがいします。

座っているだけでも腰が痛い、つらいという方もおられます。問診票を書くのもつらい方は、寝た状態で先にお話を聞かせていただく場合もあります。
STEP2 問診
ご記入くださった問診票を参考にあなたのお悩みの症状の原因をさがしだします。

そのためにより詳しくお話をきいていきます。書きにくかった事など、あなたの気になっているご質問など、何でも遠慮なくお尋ねください。
STEP3 検査
レントゲンやMRIなどの病院でしかできない検査ではなく、

・筋肉や関節の状態
・姿勢、歩き方、立ち方
・気の流れ、ツボの反応
・血流、水分のめぐり

などを調べるための徒手検査と呼ばれることをしていきます。

例えば、腰の痛い方の場合、腰のどの部分がどのように痛くてどのように動かすとどこがつらいのかなど細かく確かめていきます。
STEP4 体の状態の説明
問診や検査で得た情報をもとに、あなたの体の状態をご説明させていただきます。整体や鍼灸、接骨の適応ならどこが悪くて、どんな原因が考えられるか、今後どのように改善していくかどうすれば、症状が回復しやすいのかなど、当院で、できることは何かという治療方針をお伝えさせていただきます。

その内容にご理解いただいた上で施術に入らせていただきます。

治療内容や方針をご理解いただくと個人差はありますが、お悩みも良くなりやすい方が多いというのが、これまでの経験にあります。

当院の施術が適応でないと判断した場合は、他の医療機関をお勧め致しますし、一緒に少しでもよくなる道を探してあきたいと考えています。
STEP5 施術の説明
当院の施術の具体的な内容をお伝えします。

整体と鍼灸どちらが良いかもここで決めていきます。あなたのご希望も考慮しながら決めていくのでご安心ください。肩や腰の痛みなどでうつ伏せがつらい方は遠慮なくお伝えください。
STEP6 施術
・整体施術

筋肉や関節の痛みや疲れなどの運動器疾患の方などは、整体がベースとなります。全身の筋骨格を整えて、姿勢や、歩き方を整えていきます。手のみをつかって施術していく、イタ気持ちいいぐらいの刺激です。

・鍼灸施術

胃腸の不調や生理痛などの内科疾患や、体質改善は鍼灸施術がベースとなります。衛生管理のいきとどいた使い捨ての鍼、皮膚に直接おかないお灸で、気持ちいい刺激です。

整体と鍼灸を併用していく場合もあります。
相乗効果が生み出されて、より効果的です。
STEP7 施術後の体の変化の確認とご説明
施術を受ける前後での、体の変化を確認していきます。初回は検査を兼ねた治療という意味あいもありますので、今後の施術計画を考えていく上でとても大切な事です。

関節の動く範囲や痛みの度合いの変化をみて、今後の治療計画がより具体的にご説明いたします。すぐ変化がでない方もおられますし、痛みがすっかり消える方もおられ個人差はございます。特に体質改善の場合は、直後の変化はでない事が多く、あったかい感じやすっきり感ぐらいだと思います。

どちらにしても、数日から一週間後の変化をみることも重要ですし、あなたの体に合うかどうかを診ていきます。次回、来院時に詳しくおうかがいして、今後の治療計画の練り直しを考えていきます。
STEP8 姿勢や歩行、自宅でのセルフケア指導
より早く良くなっていただくために、安静が必要か動いた方がよいかなど、控えた方が良いことと、ご自宅でのストレッチなど積極的にやった方がよい事などをお伝えします。

正しい姿勢や歩き方もお伝えさせていただきます。
STEP9 施術計画のご提案
治療後のあなたの体の変化をみながら、どのような治療をおこなって、どんなペースで来院した方がよいかなどの1番良いご提案をさせていただきます。そこからあなたのご予定やお仕事、目標などを加味しながら、一緒に考えていきたいと思います。

あなたにとって無理のない計画が1番です。気になる事は、小さな事でもご相談ください。
STEP10 お会計、ご予約
最後に、お会計と次回以降のご予約をおとりいただいて、本日の治療は終了です。

おつかれさまでした。

特に初回の治療後は好転反応がでやすいので、アルコールを控え目にして、ゆっくり寝ていただけると効果的です。お気をつけて帰ってください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ