膝の痛み(ひざ痛)・変形性膝関節症

膝痛メッセージ付バナー

当院は運動のしすぎや運動不足、
急に動いて痛められたり、
原因不明の膝の痛みで
お悩みの方を多くみてきました。

 

鍼灸師・柔道整復師という国家資格の他にも
足の専門家であるフットケアトレーナー
という事もあってか、変形性膝関節症・
膝痛・足の不調でお困りの方と
毎日向き合っています。

 

このページは、当院の
“膝の痛み”に対する治療の考え方や
施術・アプローチ
について
まとめたページです。

 

こんな方は、どうぞ読み進めてください。

『何もしてないのに膝が痛いんです。』というお話はよく聞きます。

・運動のしすぎ
・加齢性、年のせい
・運動不足
・ひざの軟骨がすりへってる

このような事を病院では言われたと思いますが
原因がわからなければ不安ですよね
・しばらく座って立ち上がる時に膝が痛む

・最近、膝を屈伸すると、ポキポキと音が鳴りだした

・運動して膝の靭帯を損傷し全身もバキバキ

・話をあまり聞かれずに膝周辺だけ整体やマッサージを
 してもらったけどよくならない

・整骨院で電気をあてて膝だけ揉まれたけどなかなか

・レントゲンをとっても異常なし
 軟骨がすり減ってせいだねといわれたけど私はまだ30代…

・リハビリもしてみたけどしんどい
 多少、痛くたってかわいいヒールを履いて歩きたい

このような膝の痛みの原因は実は膝ではありません。
いや、膝だけではありません。と言った方が正しいと思います。


 

膝の痛みってほんとにつらいですよね。

 

長時間歩くと痛みはひどくなるし、
座って立つ時なんて思わず
「どっこいっしょ…」と
声がでてしまいます。

 

深く曲げると痛いので
正座なんてできっこありません。

 

居酒屋は掘りごたつが嬉しいですよね。

 

何を隠そう僕も高校サッカーでの怪我による
右ひざの痛みで長年悩んできました。

治ったと思っていた膝…

 

立ち仕事が続き20代だったのに
膝の痛みで正座できないなんて
かなり恥ずかしかったです。

 

怪我の後遺症だと思ってあきらめていた
ので膝の痛みは他人事ではありません。

 

でもそれが、怪我でも膝以外に
痛みの原因があると知ってからは
ずいぶんと生活が変わりました。

 

“今は膝の痛みは楽になるしどうケアすればいいか”

という事を知っているので
安心して好きなサッカーも
楽しめています♪

   

中高年で多いとされてきた“膝痛”
最近では20代、30代でも多く
全体で今や推定患者数は1000万人と
いわれています。

 

変形性膝関節症に至っては
厚生労働省の調査によると、
国内での患者数は、
痛みがある方で約1000万人

 

痛みはない方でレントゲンによって
変形性膝関節症と診断された患者数で
約3000万人と推定されています。

 

このデータを知ってあなたは
さらに納得されたかもしれません。

 

変形性膝関節症と診断される関節疾患でも
膝の痛みの原因との関連性は低く
膝だけ治療してもらっても不十分だという事に。

 

これと同じように
お怪我でも慢性的な膝痛でも
膝の痛みがある局所だけを
施術してもらったりケアしていても
良くならない方は多いです。

 

では、なかなかあなたの膝の痛みが
改善されないのはなぜなんでしょうか?

 

膝痛改善のポイント

2膝痛メッセージ付バナー②

お怪我を含めて当院に通院されている
膝の痛みでお悩みの方には

①足首のねじれや足裏のアンバランス
②負担のかかる歩き方
③全身のバランスが崩れている

このような共通点があります。

膝が痛い方はついつい
“膝だけをどうこうして治そう”
としてしまいますが、
靭帯損傷などの怪我も含めて
痛めてしまう前の体の使い方に
問題がある方が多いです。

ですので、
膝痛を改善していくには
この3つのポイントを
良くしていく事が重要に
なってきます。

  ①足首のねじれや足裏のアンバランス≪膝痛改善のポイント①≫

足裏のクッションである
アーチの崩れや踵の骨の歪み
足指の使い方・過緊張で
重心が崩れてしまい
荷重状況に影響し
立ち姿勢での負担が増加します。

 

重心のずれによって
足首の骨がねじれ膝関節を
構成するすねのの骨と太ももの骨が
回転し膝関節にねじれや歪みを
発生させ膝の痛みになっていきます。

 

O脚やX脚のきっかけになったり
膝痛だけでなく全身の姿勢にも
負担になってしまいます。

例えると、マンションの耐震強度問題と
似ています。壁のひび割れや窓のずれや
がたつきのある個所だけ修理しても
住宅の基礎工事を手抜きして
傾いていれば最上階にいくにしたがって
問題が大きくなりますよね。

  ②負担のかかる歩き方≪膝痛改善のポイント②≫

『膝の痛みや変形性膝関節症の改善や予防の
ために、筋トレやウォーキングで足を鍛えましょう。』

と、何度もいわれた事はあると思います。


太ももの内側、外側、前側、後ろ側の筋肉の
弱ったり、使いすぎて緊張してしまう事
これも膝の歪みの要因のひとつです。


確かにそれも良いケア方法です。

でも、普段の悪い歩き方を
していれば筋肉がアンバランスになり
膝の関節をねじり曲げ伸ばし方にも
悪影響を及ぼします。


極端ですが、試しに
片足立ちでケンケンしながら
1時間ほど過ごしてみてください。

30分と持たず足がパンパンに
なりしんどくなっていく事に
気づくと思います。


負担のかかる歩き方は、足裏のバランスや
体の正しい使い方ができていない状態です。


あなたに合った正しい歩き方を探り
身につける事が大切になってきます。


「頑張って歩いているのに、
痛くなるんです」

こんな声もよく耳にする理由ですね。


その結果、膝の痛みや変形性の関節症を
助長させてしまいます。

  ③全身のバランスが崩れている≪膝痛改善のポイント③≫

膝の痛みって内側が多いですが、
日によって痛みの個所が膝裏や外側に
変化している事はありませんか?

体全身のバランスがくずれている場合は
膝痛にも関連します。


硬くなった股関節や腰、動きの少ない
肩甲骨、背中、首の凝り…


体の土台は足でそこが崩れると
影響がでるのはもちろんですが、
腰から上半身の緊張や不調を
かばう事で姿勢が悪なったり

上手く関節を使えなくなり
血流が滞ります。


人体は見ての通り皮膚で全身
覆われており、その皮下の筋肉も
筋膜と呼ばれる組織で連結を強めています。

人体は見えない全身タイツを着て
いるんです。

例えば、

洋服やタオルにしわがあったら
アイロンで直接伸ばす事もできますが、
時間と手間がかかりなかなかとれませんよね。


洗濯の段階で濡れている状態の時に
しわの両端を引っ張って伸ばしてから
干しておくとパリっといい感じに
仕上がります。


そして、
乾いてからだとシワは伸びにくいです。


血液・リンパの流れが滞り
循環が悪い事は洗濯物が
濡れていない状態と同じです。

膝だけ動かしても他が固まっていれば
膝周辺も流れが悪くなります。

全身の液体の流れをよくして
潤していかないと
スムーズには動かず痛みが
でてしまいます。
    当院ではその原因をしっかりさがしだし、
あなたに合った治療をおこないます。

治療院すずらん の膝痛に対しての施術

メッセージ付膝痛バナー③

●足首のねじれ・足裏のアンバランスを整えます。

使えていない足の指や足首が正しく動かせるように
固まったしまった筋肉・歪んだ足の細かな骨
鈍っている神経を調整します。

すると徐々に崩れていた足裏のアーチが形成されていき
バランスのとれた重心で立つ事ができます。

●負担なく楽な歩き方ができるように調整します。

足の調整をする事で膝関節の歪みや負担が減り
あなたに合った正しい歩き方になっていきます。

まず意識して楽な歩き方ができるように
ポイントをお伝えするとともに、
自然に楽に歩けるように調整します。

●全身の緊張をゆるめ、衰えた部分は活性化させます。

全身の緊張した筋肉をゆるめ、歪んだ姿勢も調整します。

お怪我の場合はテーピングや固定などもおこない患部を
サポートします。

その上で、膝の痛みでかばった全身の疲労や筋緊張を緩和し
全身の循環をよくしていきます。

慢性的な場合も、自律神経の柱である背骨のアンバランスが
良くなるので、回復力を戻してくれます。

患者さんの感想

1喜びの声 クチコミサイトに頂いた感想です。 膝の痛み 患者さんの感想①

1回目の施術から効果絶大でした!

ここ1年の膝の痛みが我慢出来なくなり、
我が家から通い易い。そして足のスペシャリスト。

という事でお世話になり始めました。

マンションの10階 に位置していますが、
マンションの下や、道の角に看板が置いて
あるので、とても分かりやすかったです。

院内はとても綺麗で、可愛い雰囲気で
とてもリラックス出来るお部屋です。

膝の痛みを長い間かばっていたため、
膝を伸ばして立つ事も、体重を掛けて
歩く事もためらっていた膝が、
私の場合は1回目から痛みが無くなりました。

全身の歪みも直して頂いたおかげで、
肩も軽くなり、膝の痛みがなくなり
活動的な生活が送れるようになったからか、
体重も大幅に減らすことが出来ました。

日々の立ち方や 歩き方の
指導までして下さいました。

先生はとても話し易く
オススメ出来る整体院だと思います。

膝痛・股関節痛 感想

やっとみつけました!

股関節と膝が悪く、今まで色んなところに行きましたが、
なかなか治らず諦めて治療をやめてしまいました。

いっこうに治らないこと、どの先生に
見てもらっても改善しないことから、
気持ちも暗くなり、普段の生活に
元気が出ない日々が続きました。

そんなとき、知人からすずらんさんを紹介され、
どうせ変わらないだろうと思いながらも行ってみました。

すると、まず問診にとても時間をかけて
色々と聞いてくださり、痛みの原因となる可能性を
様々な角度から指摘してくれました。
(他の所ではここまでしっかり聞いてもらえませんでした)

それを基に治療を施してくれることで、
まだ数回ですが、以前より可動域が増え、
とても歩きやすくなりました。

本当に驚いています!

いままで何をやっても改善しなかった股関節と膝が、
ここに来て初めて改善しています!

すずらんに来て本当に良かったと思います!

引き続き、通いながら、
最終目標のマラソンに出たいと思います!

足裏のクッションの発育期間

あなたの足裏のクッションは
ふわふわですか?

 

底の硬い革靴を履き続けると
疲れますよね。

良し悪しは別として
いわゆるクロックスのような
柔らかいスリッパは気持ちよくて
楽です。

 

触って表面が柔らかいかどうかよりも
使い方が重要です。

 

そんな快適な足裏が育つには
ある程度の期間が必要です。

「身体習慣」は3ヶ月

この期間以上継続することで
習慣が変わる。

と、いわれています。

 

赤ちゃんとして産まれてから
育ってきた足裏の感覚やクッション

長年の足の癖を自然なものに変えていく事が
膝の負担を減らし本質的なケアになります。

 

細胞には新陳代謝していく上で
寿命があります。

 

筋肉:2~7ヶ月
血液 :100~120日
赤血球:3~4ヶ月

 

古くて癖づいた足の神経や
感覚の細胞が脳につながり
新しい習慣として定着する期間は
ある程度時間を必要とします。

 

1回で痛みが楽になる方や
1年以上かかる方もおられます。

・生活習慣や環境
・今までのケア
・体質

 

などにより改善期間は
もちろん個人差があります。

 

痛みの緩和は比較的早めに感じて、
疲れると違和感やだるさを経て
快適な状態に回復していきます。く

足元の使い方が変わり、
日々の負担を安定して減らしていくには、
だいたい6回~15回の施術で
3週間や1ヶ月半に1回の
メンテナンスペースに
なれる方が多いです。


もちろん場合によっては病院での治療を必要とする時も
ありますので、適切にご紹介させていただきます。

そこを見極めた上で治療していきます。

あなたのお膝の悩みが解決し、良くなったらやりたかった

・お気に入りのヒールを履く
・スポーツを楽しむ
・痛みなくお仕事をしてやりがいを感じる
・快適に旅行にいく

などのさまざまな目標に向かって
気分よく過ごせるようお手伝いさせていただきます。

あきらめずにご相談ください。

 

新 営業時間バナー 画像

電話でのご予約は

フッター最新 png

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ