自律神経症状・不定愁訴

自律神経 すずらん 新ファーストビュー バナー画像

当院では、自律神経失調症と診断されたり、
不定愁訴といわれ病院や診療所で断られた方の
施術もおこなっています。

保険診療ではありませんので
病院で通院しながらも施術をうけていただけます。


ざまざまな病院や整体院、鍼灸院で
『肩こり、腰痛、頭痛、冷え症、不眠、便秘などの
不定愁訴といって自律神経失調症の恐れがあります。』

なんて、いわれたことありませんか。

 

不安?それとも安心?自律神経失調症にも幅がある…

“自律神経失調症”という診断名をつけられて、
あなたの症状の原因が、自律神経失調症とわかって
安心される方は、それでよいと思います。

ですが、“自律神経失調症”と
いわれ「私って病気なの?」と不安な気持ちを
感じる方は、ちょっとお待ちください。

あなた自身の治る力を信じましょう

実は、発症するすべての症状や、
すべてのヒトの身体が回復していく仕組みを
司っているのは自律神経です。

この自律神経と呼ばれる重要な神経のバランスが乱れ、
その中で様々な症状が出ている方が
自律神経失調症と診断される場合があります。


だから程度の違いこそあれ、
ヒトの体と心のお悩みに自律神経が関与します。


自律神経によってあなた自身の免疫力で、
体が治っていきます。


擦り傷によってできた傷にかさぶたができて
自然に治っていくように
あなた自身の力で体がよくなっていきます。

すべての施術や治療の目的は同じ?!

世の中にある民間療法の中の施術で、
鍼灸、整体、マッサージ、カイロプラクティック、柔道整復術、
など、すべての施術方法の行きつく先は
自律神経のバランスを整えてあなたの治る力を取り戻す事が目的です。
施術はそのサポートです。

それが、手法や理論が細分化され
さまざまな治療方法に別れていきます。


最終的に自律神経を整えるんだけれど、
あなたの身体の状態やでている症状に合わせて、
合う治療方法が別れていきます。


すごく簡単に分けると

○身体が歪んでいる → 整体
○内臓の不調     → 鍼灸
○急性の怪我     → 柔道整復、整形外科
○感染症、ウイルス  → 病院
○うつ、精神疾患   → 病院、カウンセリング

このように別れているのですが、
すべて施術方法は、自律神経を整えて免疫力を取り戻してもらうので、
すべての症状に関係し効果があります。


ありますが、その程度が違うだけで、
それを効くか、効かないかという捉え方になってきます。


あなたの身体のどこが原因で
自律神経のバランスがくずれているかということが重要です。

原因がひとつということはほとんどなく、
多数の原因の割合で改善度合いが変わってきます。

首とお尻が重要な理由

DSC_0280 自律神経は背骨から出てきて、その中でもリラックスさせて
免疫力を取り戻してくれる副交感神経は、首とお尻からでてきます。
なので首がこりかたまったり、姿勢が悪いと自律神経が乱れやすくなります。


そして、首や上半身の姿勢に悪影響を与えるのは、
身体の土台である足が根本的に関わってきます。


当院では、立ち方、歩き方、足の使い方を正しくできるように調整し、
全身の姿勢を改善しあなたの回復力をとりもどしてもらいます。


あなたのカラダの疲れ具合や
お悩みの症状によっても、
施術の配分が変わってきます。

そして、あなたが日頃からご自身の体と心と
上手にお付き合いできるように正しい体の使い方の指導やセルフケアや
ストレスをためにくい考え方をお伝えさせていただきます。

しっかり理解して
あせらずよくなっていきましょう。

具体的な症状についてのページもご覧ください。

自律神経について詳しくは下記もじっくりお読みください。

 

自律神経とは

無意識で

・内蔵や血管の働き
・瞳孔、汗腺や唾液の分泌

など体の機能をコントロールしてバランスをとるとても重要な神経です。

興奮させる交感神経
リラックスさせる副交感神経という相反する2つの神経から成ります。

★交感神経が働くと、心臓の鼓動が早くなり、
血管が収縮し、胃腸などへの血流を抑えて、

筋肉に血液を豊富に流し、運動するのに最適な状態をつくります。

★副交感神経交感神経とは逆に、
睡眠時などリラックスさせる作用があります。

胃腸の働きを活発にし、しっかりゆったりと食事ができるように働きかけます。

交感神経が働く時は
緊張やストレスを感じています。

副交感神経が働く時は、休息やリラックスしています。

交感神経副交感神経はシーソーのように、どちらかが優位に働けば、
反対は抑制され働きが落ちるという関係性をもっています。

まれに2つとも同時に機能が強くなったり、落ちたりということもあります。

シーソーのようにどちらにも傾きすぎることなく、バランスがとれている状態だと、
よりその時の状況に合わせてしっかり働いてくれます。

この自律神経のバランスが崩れている状態だと、
体の機能が落ちてしまいますので、免疫力が落ちて疲れやすくなったりします。

これが自律神経のバランスが乱れるということです。

病院などにいくと自律神経失調症と診断されることもあります。

ですので
体の調節を上手くできなくなり、様々な症状が出たりします。


逆に自律神経の乱れを正しく働けるように
調整することによって、免疫力が上がります。


当院の施術の目的もこの自然治癒力自体を上げて病気になりにくい体を目指し、
様々な症状をお持ちの方は治るためのきっかけ作りをしています。

一晩寝れば朝スッキリしているような健康な体を目指して、
より快適にやりたい事ができる生活を楽しみましょう。

自律神経症状の一例


・筋骨格系

肩こり 腰痛 関節の痛み
手足のしびれ

・内蔵系

胃腸の不調 息苦しい立ちくらみ
胃の不快感 便秘 下痢 食欲がない

・婦人科系

生理痛 生理不順

・精神症状

不安感 イライラ 落ち込む

・全身症状

倦怠感 疲れやすい 眠れない
起きるのがしんどい
めまい フラフラする


自律神経は、体の要であらゆる所を調整しますので、
体とお気持ち面ほとんどすべての症状に関係しています。


☆当院の施術の詳細について☆

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ